ブログ運営

ブログに疲れた時は一度休んでリフレッシュ!【3つの対策】を紹介

2020年7月25日

ブログに疲れたら?

  • ブログに疲れました
  • アクセスも収益も伸びないし辞めようかな

初心者ブロガーさんは必ずこんな壁にぶつかります。

一度でもブログで成功したことがあると「いつ頃伸びる」かの体験があるので、伸びない時期も「今はまだGoogleの評価途中」と割り切れます。

 

ただ初心者ブロガーさんはそうではないので「自分のやり方が間違っているのでは」と思い、ブログに疲れてしまいます。

 

結論、疲れたら一度休んでリフレッシュが一番です。

僕もいくつかブログを持っていますが、途中休んだブログも複数あり、それでも現在収益源となっているブログもあります。

 

ブログに疲れた人のために、リフレッシュ方法や対策を紹介していきますね。

一度頭をリフレッシュしましょう

 

この記事を書いてる人

筆者 プロフィール

本業と副業メディア運営の経験を活かして、悩みを解決していきますね。

ブログに疲れたら休んで大丈夫

結論から言うと、ブログに疲れたなら一度休んでしまうのが良いです。

「ブログ 疲れた」という頭で続けても良いブログは出来ないですし、ブログに対する熱意がなくなり最悪嫌いになってしまうのが一番良くない状態です。

みんな一度はブログに疲れる

冒頭にも書きましたが「ブログ 疲れた」と思うのは誰でもあります。

初心者は当たり前で、成功経験のあるブロガーでも新規ブログを立ち上げてる時は凄く疲れます。

 

なぜ疲れるかと言うと、ブログは最初本当に伸びないから。

例えば接客業のアルバイト等も疲れますが、小さな頑張りごとに「お疲れさま」や「ありがとう」のフィードバックがもらえるし、毎月お給料という形で貢献が認められますよね。

 

ブログはそういうのがなく、最初半年などは軽くスルーされた状態でツンデレです。

こんな状況で疲れない人はいないので「ブログの初めは疲れるもんだ」と自分を励ましてあげましょう。

休んでもドメインエイジは伸びる

でも休んでしまって更新頻度が下がるとブログが更に弱くなる?と考えてしまいますよね。

ここも大丈夫です。

 

もちろん「更新性」はとても大事ですが、一時的に休んだとしても再開後に更新頻度を元に戻せば、そんなに大きな問題ではありません。(再開したぞ!をGoogleが認識するのは少しかかるかも、程度)

 

逆にわざとブログ更新期間をあける人もいるくらいです。

ブログはドメインエイジ(立ち上げてからの期間)も重視され、これが短すぎると良い記事を書いたとしても信頼性の面で評価がされません。

なので「特定カテゴリの記事を10-20書いて」から1-2ヶ月放置してドメインエイジを高めるという人もいます。

毎日更新よりは最終的に伸びるスピードは劣りますが、時間を空けると公開済記事の順位がつき始めるので方向性を決めやすいというメリットもありますよ。

疲れたら期限を決めて休もう

なのでブログは疲れたら休んでも大丈夫です。

ただ期限を決めないと戻ってこれなくなってしまうので、1ヶ月や2ヶ月、自分の中で期限をしっかり決めることが重要です。

キリより○月一日から再開しよう、とするのも良いですね。

ブログに疲れた時の3つの対策

次はブログに疲れた時の対策を紹介します。

僕は疲れてブログ休憩中は以下をやっています。それぞれ紹介していきますね。

①趣味に時間をさく

ブログを頑張っている間は「自分の趣味」の時間が削られてしまっていたかと思います。

なのでその鬱憤を晴らすために「趣味」に飽きるほど時間を使ってしまうのが良いです。

運動やトレーニング

趣味が無い、という方は「運動やトレーニング」が一番おすすめです。

ブログに集中していると座ってパソコンに向き合う時間が長いので運動不足に。その結果無意識にストレスが溜まっている方も多いです。

ジムや通うのも良いですし、家で筋トレや外をランニングも習慣化するととても充実します。

海外旅行

ちなみに僕は海外旅行が趣味で最悪一人でも行きます。

ブログの疲れだけでなく、海外旅行に行ってスケールの大きいものを見たり全然違う文化にふれると、普段感じている悩みやストレスが本当にどうでも良くなります。

もっと海外旅行に行けるようブログを頑張ろうとも思えるので、海外旅行未経験者はぜひ行ってほしいです!

②読書やライバルのブログを読む

ブログを疲れたという人は「書くことが疲れた」「ネタがなく疲れた」という場合もあるので、そんな時は読書やライバルブログを読むことを徹底すると良いです。

おすすめ本(ブログ飯)

ブログで収益化してそれで生活できる、そんな日常を想像できるまで具体化することは重要です。

「ブログ飯」はそんな本なので読んで無い方は一度読んでみてください。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ開設におすすめな本
ブログ運営前に読むべきおすすめ本5選!本から入りたい初心者さん必見

続きを見る

ライバルブログを読む

ネタがないと思っていても、ライバルブログを見るとたくさんのネタがあることに気づけます。

インターネットの世界では「他サイトを真似る」ことは悪じゃないので、ライバルの記事を全部リスト化して、どんな内容を書いてるか意識しながら読んでみると自分のブログへ反映したい点たくさん出てきます。

ブログの整理をしよう

ブログの整理をすることも重要です。

疲れている中書いているとブログの方向性もブレがちです。

過去に書いた記事を一覧化して、方針にブレがないか、ブレているならどの記事は書き直し・削除して今後どういう記事を書いていくかまとめる時間にするのが一番です。

記事の管理表がないなら、このタイミングで作ろう

ブログの目的を再度思いだそう

ブログに疲れたら休むことが重要。

休んでいる時はしっかり休みつつ、以下を思い出すようにしましょう。

ユーザーの悩み解決

ブログは「ユーザーの悩みを解決するもの」です。

ブログ立ち上げ時は「誰にどんな価値を提供しよう」と始めますが、いつの間にか「記事数」「更新頻度」「アクセス・売上」などが目的になってしまいます。

 

そうやって「ユーザーのため」という視点がなくなると、1つ1つの記事にもそれが現れ、読者に響かない記事が増えていきます。

休んでいる間にその点見直して、もし当てはまっていたらブログの最初の目的を思い出しましょう。

ブログで成功した時の自分を想像

僕のこのブログを見ている方は「副業としてブログで収益を作りたい」と思っている方がほとんどです。

 

ブログで月6桁万円はそこまでのハードルではありません。

ただ数ヶ月や半年、ただ作業しただけで稼げるほど甘い世界でもないです。

 

成功するためには「伸びない中でも辞めずに頑張り続ける」ことが重要なので、ブログで月○万円稼いでいる自分を具体的に想像し、そこまでやり切るモチベーションを作りましょう。

無理せず自分のペースでブログをやろう

まとめると

  • ブログはみんな疲れた経験あり
  • 休んでも大丈夫
  • 休んでいる間にモチベーションをまた作ろう

という感じです。

 

ブログは一時的に休憩しても完全に辞めない限り、過去の作った記事たちは資産として残っています。

記事も最初から100点の必要がなく60点でも問題ありません。

 

無理をしすぎず自分のページを守って、継続化を頑張っていきましょう。

今ブログを休憩中の方もモチベーションを復活してリスタートしていきましょう!

 

  • この記事を書いた人
adminwebsidejob

あさひ

本業は一部上場企業、恐らく皆知ってるWebメディアの管理職。副業でいくつかメディア運営をしており、月6桁の収入を維持。本業と副業メディア経験から、ブログの初め方を解説します。

-ブログ運営

© 2020 websidejob.com Powered by AFFINGER5