ブログ運営

ブログはオワコンじゃない!オワコンと言われる理由と始めるべき理由

2020年6月27日

ブログはオワコンと言われる理由

  • ブログってもうオワコン?
  • これからはYoutubeの時代?

ブログは定期的にオワコンと言われますが、結論としては全然オワコンじゃありません。

オワコンと言われる理由と、むしろ今始める理由を解説していきますのでブログをやりたいと悩んでいる方は早速初めていきましょう!

この記事を書いてる人

筆者 プロフィール

本業と副業メディア運営の経験を活かして、悩みを解決していきますね。

ブログはオワコンじゃない

ブログはオワコンと言われますがそんな事はありません。

夢のある金額を稼ぐブロガーさんがたくさん

ブロガーの中には今も稼ぐ人がたくさんいます。

ブログで収益化成功している方は以下有名です。

※売上はTwitterやブログで掲載されていた数字ですが、2020/6現在の正しい数字は不明。夢のある数字ですね!

僕と似た領域のブロガーさんだけで上記の方々がいますが、「求人」「クレジットカード」「物販」それぞれで稼いでいる方はたくさんいます。

特に「求人」「クレジットカード」「美容」等の領域ではアフィリエイト広告の単価が大きいため、月間8桁稼ぐ人もいます。オワコンと言われる今でも、まだまだ夢がある領域ではないでしょうか。

月6桁稼ぐ人は多い

月7桁〜8桁というレベルの人はさすがに多くはないですが、月6桁を稼ぐブロガーは案外多くいます。

僕も収益化できた複数メディアがあるので現在でも月6桁の収入は出ています。

 

月6桁(10万以上)は難しく感じますが、高単価のアフィリエイト商材、例えば転職アフィリエイトだと「ブログ経由の求人サイト登録で1〜3万円」もあるのでニッチな求人メディア運営でも月6桁万円は狙えます。

 

Google Adsenseなどネットワーク広告で月6桁を狙うのは難しいですが、高単価の紹介料が狙えるブログであれば今からでも戦える領域はたくさんありますよ。

オワコンと言われた理由

それでも「ブログはオワコン」という言葉を聞くと、難しいんじゃないかと感じてしまいますよね。

オワコンと言われる理由は大きく3つ。

それぞれを理解してオワコンじゃないと納得してもらえたらと思います。

オワコン説の背景①Google Updateでブロガーが死ぬ

オワコンという声が聞こえる理由は

「Google Updateのたびに、稼いでいたブロガーさんのブログが死んで話題になるから」

です。

 

Google UpdateというのはGoogleの検索エンジンの評価ロジック変更のことです。

ロジック変更はほぼ毎日行われていますが、年に3-4回、「コアアップデート」という大きなロジック変更が実施されます。

このタイミングではブログ順位が改善する人・下落する人がいますが、「稼いでいた人が下落する声」は特に目立つのでその度に「ブログはオワコン」という説が流れているのだと感じます。

 

アップデートで落ちることがあるのは事実ですが、中長期で見ると、「ユーザーのためになるコンテンツを愚直に作り続けている」人はマイナスなくむしろ順位改善になります。

なのでマイナスの声だけを聞いて「オワコン」と感じることはないですよ。

オワコン説の背景①他メディアが伸びてきた

2つ目の理由は

「InstagramやYoutubeなど、他に稼げるメディアが出てきた」

からです。

 

新しいメディアが出ると、そのメディアでの圧倒的な人がいないため、新規ユーザーが続々と参入していきます。どのプラットフォームでもそうですが、先行者メリットは存在するので、新規メディアでの参入者はライバルがいない分稼ぎやすく、結果「○○は儲かる」という声が聞こえてきます。

 

2020年6月の現時点でいうと、Instagramは急激に伸びてやや落ち着いてきた(インフルエンサーマーケテイングが流行ったが、効果を疑問視する声が出てくる)、YoutubeはInstagramよりはまだ余地がありますが大分新規参入ハードルは高くなったなという状態。

 

つまりブログ自体がオワコンになったのではなく、相対的に新規プラットフォームが伸びた際に、比較して「テキストメディア」であるブログが叩かれているだけなので気にしないで良いかと思います。

ただYoutubeなど動画メディアのコンテンツが飽和しどんなコンテンツもある状態になると、「動画のほうが分かりやすいコンテンツ」はブログで難しくなるかもしれません。

今後10年程度であれば、とはいえブログのニーズがなくなることはないと思いますが、もっと長期となるとテキストがオワコンと言われる可能性はゼロでないかと思います。

個人的にはテキストメディアは残り続けると思っています

オワコン説の背景③個人で難しい領域も出てきた

①②は気のせい、のようなものでしたが一部領域では個人がやりにくいテーマも出てきました。

キーワードとしては「E-A-T」と「YMYL」になります。

詳しくは以下後述しますが簡単にまとめると以下です。

  • お金や健康など、特定領域では信頼性があるブログが上位表示
  • 信頼性の判断基準が、(現在のロジックだと)企業が有利

上記のように、一部領域では個人ブログが上位表示されにくい状態が発生しています。センシティブな情報で間違った情報が出ないための対応ではありますが、「本当に詳しい人でも個人の情報は出ない」という状況なので将来的には是正されていくはずです。

ただすぐに「個人を信頼できるかどうか判定する」ことは難しいので、E-A-Tが重要になるYMYL領域でのブログ立ち上げはあまりオススメできない状況です。

 

E-A-Tとは?

E-A-Tは、「専門性/権威性/信頼性」それぞれの英語の頭文字をとったものですが、Googleの検索品質評価ガイドラインのうちの1つの指標です。

Googleの検索結果上の順位は、ほんっとうに様々な指標で順位付がされますが、近年(特に2019年の3月頃と個人的に感じる)E-A-Tは重要な指標とされています。

YMYLとは?

YMYLは「Your Money Your Life」の略で、お金や健康や安全など、みなさんの生活に直結するようなジャンルのことを指していて、この領域は特に E-A-T が重要視されます。

 

オワコンとまでは言わないですが、一部領域では厳しくなっているのは事実です。

なのでブログを始める時はジャンル選定だけしっかり検討することをおすすめします。

オワコンを言われる時期はチャンス

オワコンと言われている時期は、これまで稼げていた個人がGoogle Upadteの下落で離脱している時期なのでライバルが少なくなっている状態です。

 

ブログはどんなにノウハウがあって良い記事を書いても、Googleがサイトを評価しアクセスが取れるまで数ヶ月はかかります。そのため初心者にはハードルとなっているのですが、サイトのドメインは長く運用されているほど、サイトの信頼性が高く評価されます。

そのためライバルが少ないうちに早くブログ開設することがおすすめです。

副業サラリーマンがライバルに

最近は日本でも「終身雇用制」が崩壊に向かっており、逆に副業解禁が進んできています。

副業には様々なものがありますが、ブログは初期費用もかからずリスクなし、そして初心者でも簡単に開設できる分今後ライバルの参入が多くなることが予想されます。

ブログはドメインエイジが長いこと・継続していることも評価ポイントとなるので、今この記事を見ている人はすぐドメイン取得しブログ開設することがおすすめです!

外に出れない時間を有効活用

新型コロナウイルスの影響もあり外に出れない時間も多くなっていると思います。

家の中での楽しみ方は多くありますが、時間の一部をブログに費やしてみてはいかがでしょうか?

ブログは続けることで「資産」となるので、今頑張った時間は将来的にブログのパワーとなって返ってきます。ブログでお金を稼ぐことは、本業での仕事にも活きることが多いので是非一緒にブログを始めましょう!

僕もこのブログはコロナで出来た時間で始めています

早速ブログを始めましょう

ブログがオワコンと言われている理由について分かりましたでしょうか?

一部の人の声や、ポジショントークとして相対的に叩かれているようなことが背景です。

ブログも今後10年は安泰な副業だと思います。ぜひこの記事を読んだタイミングでブログ開設を進めていきましょう!

WordPressブログの始め方を画像を使って解説【初心者でも半日で開設】

続きを見る

  • この記事を書いた人
adminwebsidejob

あさひ

本業は一部上場企業、恐らく皆知ってるWebメディアの管理職。副業でいくつかメディア運営をしており、月6桁の収入を維持。本業と副業メディア経験から、ブログの初め方を解説します。

-ブログ運営

© 2020 websidejob.com Powered by AFFINGER5